ルネッサンス時代に活躍した美術家

「アートの所々」として漏れるイタリア。
国内には多くのミュージアムがあります。
名勝としても名高いイタリア。
その話題都心「ローマ」「フィレンツェ」「ヴェネツィア」「ナポリ」に多くのミュージアムがあります。

フィレンツェには、ミュージアムの他に名画を飾って増える寺院が多くあります。
その中でも展示されているアート代物のサイズ、出来ばえがイタリア最優秀と言われている有名なミュージアムが「ウフィツィミュージアム」です。
ルネッサンス時代に健闘したアーティストの品物が多く展示されていらっしゃる。
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」に「ミケランジェロ」、「ラファエロ」、「ボッティチェッリ」という偉大なアーティストの名作が数多くあります。

同じくフィレンツェにおける「アカデミアミュージアム」も人気があります。
このミュージアムが有名なのは、ミケランジェロの「ダヴィデ像」があるからです。
ミケランジェロの彫刻がたくさん保存されて要る「バルジェッロミュージアム」もフィレンツェにあります。

ローマには面食らうほど著しい「バチカンミュージアム」があります。
個人で訪ねるといった一大ので、コンサル附属のプランがおすすめです。
バチカン博物館も人気があります。

ミラノにはイタリア随一の豊富なコレクションを持つ「ブレラミュージアム」があります。
古典アートから世の中アートまで豊富に揃っていて、イタリアにおけるミュージアムの中でも有名なものの1つです。

日本からも、ウフィツィミュージアムに行くプラン、ウフィツィというアカデミアミュージアムなどミュージアム周りをするプラン、イタリアの半日旅行ってミュージアムをセットにしたプランなどが多く組まれている。
有名なミュージアムはどこも人気で発端で長蛇の列ができるほどです。
プランで事前申込みしておくか、インターネットで事前予約できるためそっちで予約してチケットをおさえておくことをおすすめします。

多くのミュージアムがあるイタリア。
都心最高ミュージアムの姓名をまとめてみたいと思います。

・フィレンツェ。
「ウフィツィミュージアム」・・・イタリアだけではなく世界的に見ても貴重な品物が大勢保存されて増えるミュージアムです。
ウフィツィミュージアム、そして川向うにおける「ピッティ御殿」を結ぶ「ヴァザーリの回廊」は、フィレンツェの有名な名勝「ベッキオ橋」の上を通る回廊です。
回廊の遮断にもたくさんの絵図が展示されておる。

「アカデミアミュージアム」・・・ウフィツィミュージアムと同じように有名なミュージアム。
ミケランジェロの「ダヴィデ像」「囚人像」「ピエタ像」などがあります。

「サン・マルコミュージアム」・・・「サン・マルコ教会」の傍らにおけるミュージアム。
前もって修道院だった性能、宗教挿し絵が多く展示されて来る。
旧食堂にはフレスコ挿し絵の「最後の晩餐」がギルランダイオにおいて描かれて来る。

「ドォーモミュージアム」・・・フィレンツェの大聖堂、鐘楼の品物を展示して来るミュージアム。
ミケランジェロの「ピエタ像」、ドナテッロの「マグダラのマリア」などがあります。

・ローマ。
「バチカンミュージアム」・・・法王たちを通じてコレクションされたコレクションが数多く起こる背景有数のミュージアムです。
バチカン御殿の中には、ミュージアム以外にも博物館、システィーナ礼拝堂、書房などがあります。
カトリックの名所です。

「ボルゲーゼミュージアム」・・・ボルゲーゼ住まいが17世紀から収集してきたアート代物が公開されてある。
1フロアには彫刻、2フロアには絵図が展示されてある。
来館するには事前通話セットが必要です。
セット通話は月曜日から金曜日の9景況から19景況までHOMEしています。
開館時間は9景況から2うちごとの入場になっていて閉め入場は17景況です。

「カピトリーニミュージアム」・・・背景最古のミュージアムと言われています。
イタリアの話題名勝「ヴェネツィアホール」から走り回り2当たりという好立地にあります。
コンセルヴァトーリ宮には名画があり、新宮には「瀕死のガリア輩」とか「カピトリーノのヴィーナス」といった彫刻があります。